2019年12月17日

見込み客マル秘獲得方法-4

月30万円の収入



いつもお読み頂き有難うございます。


お客さんのフォローが大事です。

商品を買って頂いたらそれっきりというところが多いようです。これでは、大切なお客
さんからまた注文をして頂くことは難しくなります。

自分で納得した上で買った商品でも、購入後にもっといい商品を見つけるかも知れ
ません。

あそこで買ったけれどもっとよく考えればよかったと考えないとも限りません。

お客さんが商品を購入した後、『購入後の使い心地はいかがでしょうか?』とお客
さんの感想を聞いて、何か不具合がないかどうか確認する気配りが大切です。

商品を売ったあとは、アフターフォローがとにかく大事なのです。

高価な商品になればなるほど、一週間後、三週間後、3ヶ月後のフォローが今後の
レピートに繋がるのです。

新規でお客さんを掴むには、不特定多数のお客さんに広告宣伝をしなければ、すぐ
に売り上げには結びつきません。

売り上げを継続的に維持していくには、既存客にレピートしてもらうことが大切です。
様々な特典を増やしてお客さんを増やしていくことが更に売り上げアップに繋がります。

ここでおさらいです。『儲からない広告、HPの法則』

① 自己満足広告・・・『私は、これで○○○円儲けました。』
『○○○円投資すれば、○○○円儲かるよ~!』
② サービス・機能・・商品の名前や機能の説明が多い広告。
③ ボーナスプラン・収入・・・とにかく収入面を誇大に強調する広告

このような売り込み臭さを感じさせる広告を書かないように気をつけて下さい。

お客さんから嫌がられる広告方法に気づき、お客さんからありがとう!と感謝される
情報の提供をすることが、あなたを必ず成功へと導いてくれます。


最後までお読み頂き有難うございます。
毎日有益な情報をお伝えします。


posted by るんな at 20:27| Comment(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

見込み客マル秘獲得方法-3

お客さんから登録があったら・・・

お客さんは、あなたの商品に興味を示してくれているのですから、できるだけ
分かり易く、詳細な説明をしてあげることが重要です。

営業マンが説明すべき内容は、すべて資料に書いてあります。くらいの準備を
整えておくことが大切です。

尚、自動返信の設定をしておくと更にお客さんを待たせずに情報を提供できるので
更に喜ばれることでしょう。

即座に情報を提供することによってあなたの信用はぐん
と上がることは間違いないです。

ここで一つ注意しておきたいことは、『メールでは決して売り込まないこと』です。

メールで売り込むと『二度と送ってくるな』とせっかく掴んだお客さんから拒否される
可能性が高いからです。

大切なお客さんを失わないように気をつけましょう。

具体例として・・・
『ご購読ありがとうございます。』と挨拶をしてから
簡単な自己紹介をいれます。

お客さんにメリットのある情報を提供する。

これはノウハウの一部です。

詳細はHPをご覧下さい。

次回をお楽しみに・・・、解除はいつでもどうぞ・・・。

というような流れで資料請求者を集めてみて下さい。


お客さんから『とても詳しい情報を頂いて本当にありがとうございます。』という感謝
の言葉が頂けたらお客さんの気持ちを掴んだといえるでしょう。

いかにお客さんに感謝される情報を提供できるかが、見込み客から、成約客になる
ポイントになります。

しっかりとした内容で構成し、本物の情報を惜しみなく提供すれば、お客さんの感情
はこの情報以外には価値ある情報はないと納得して購入してくれることと思います。
posted by るんな at 15:34| Comment(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

見込み客マル秘獲得方法-2

月30万円の収入



いつもお読み頂き有難うございます。
見込み客マル秘獲得方法第2弾をお伝えします。

 
★お客さんは『理屈』ではモノを買わない。『感情』でモノを買う。


商品の購買行動に移るにはあるメカニズムが存在するのです。そのメカニズムとは・・
① 人は、必要性(ニーズ)だけでは決して行動しない。
② この商品が欲しいという心理(欲求性)が高まって始めて関心を示す。
③ 欲求性が高まると、必要性を理由付け(正当化)する。
④ 重要なのは、顧客心理と商品提供のタイミングにあるのです。

HPを例にとってこのメカニズムを表現しますと、
① サイトを訪れるお客さんは、トップページの美しさに関心があるわけではない。
② サイトを訪れるお客さんは、必要性を感じて入ってきたのではない。
③ サイトを訪れるお客さんは、欲しいものであればいくらでも買う。
④ サイトを訪れるお客さんは、欲しくないものはただでもいらない。
⑤ サイトを訪れるお客さんは、欲しいという心理を高めることが重要なのです。

ここで重要なことは、商品を欲しいと思っている人を見つけることがまず売り上げに
結びつけることに繋がります。

商品を欲しくない人、商品に興味を示さない人にどんなに必死になって勧誘しても効果を
期待することはできないのです。

ではどうしたら集客ができるのでしょうか?

見込み客を獲得する方法について次に考えてみたいと思います。
インターネットでお客さんを増やすには、3つのステップが必要です。
① あなたの商品を欲しいと思っている人を見つけること。
② あなたの商品を欲しいと思っている人にあなたの商品を必要だと感じてもらうこと。
③ お客さんをあなたの(商品)ファンにすること。
注意すべき点は、この3つを一色多にしないことです。

この見込み客を集めることが広告費を無駄にしない最も賢い方法なのです。

見込み客を見つけるには、『メールアドレスの収集』が成功の鍵になります。

あなたの商品を欲しいと手を上げてくれる人が分かれば嫌がるお客さんに頭を下げる
こともなくなります。

集客できない辛さに頭を痛めることもなくなります。

これができればあなたは、自分でお客さんを選ぶことができるようになれるのです。


今ネット上で盛んに行われている資料請求ですが、単にメールアドレス欲しさに実行
するとやはり見ている人に嫌悪感が伝わり喜んで書き込みをしてはくれません。

資料請求をしたくなるようなHP、または、広告文を作成することが必要です。
その主な要点とは・・・

① お客さんにメリットを伝える。(幾つかポイントを絞ってPRする。)
② 早くしないとなくなるという気持ちにもっていく。(応募の期限設定) 
③ お客さんに商品の売り込み臭さを感じさせないようにする。
④ お客さんに信用してもらう表現をする。(お客さんの不安要因を取り除く)
⑤ 内容の全て明かさず、肝心なところは見せない。もっと知りたいという気持ち
  を引き起こすようにする。
⑥ お客さんに安心感をもってもらうこと。自分の氏名、住所、電話番号は、必ず
  明記すること。
⑦ HPに楽しい雰囲気を感じさせるようなジョークを含めると緊張感が和らぐ。
⑧ 文中にメルアドを記入させるような工夫をしておくと、違和感を感じさせない。
⑨ 住所、電話番号など細かい情報の記入を省略させて、メルアドのみにすると
  簡単に記入に応じてくれる。
⑩ 無料で有益な情報がもらえる特典をPRして損はしないことを伝える。
⑪ 不要な情報だったらいつでも削除できることを明記しお客さんに負担を掛けず
  気楽に応募できる気分にさせること。一切面倒なことはないことを印象つける。

以上のような工夫がなされれば、お客さんは進んで応募に参加してくれることでしょう。

最後までお読み頂き有難うございます。
毎日有益な情報をお伝えします。

posted by るんな at 17:22| Comment(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。